携帯サイトはこちら Wings of Healing-靈氣、FAP、オーラソーマ、タッチフォーヘルス、マジック-

縲縲繧サ繝繧キ繝ァ繝ウ
縲縲繝ッ繝シ繧ッ繧キ繝ァ繝繝
縲縲縲髱域ー」莨晄肢
縲縲縲鬲泌・ウ陦
縲縲縲隘ソ豢句頃譏溯。
縲縲縲繧ソ繝繝√ヵ繧ゥ繝シ繝倥Ν繧ケ
縲縲縲繝上シ繝也凾豕輔け繝ゥ繧ケ
縲縲縲縺昴ョ莉
縲縲鬘俶悍驕疲舌→蜊縺
縲縲縺雁ョ医j繝サ蠢オ迴菴懈
縲縲鬲泌・ウ縺ョ驕灘キ邂ア笘
縲縲鬲碑。鍋畑蜩∬イゥ螢イ





莠亥ョ夊。ィ / 縺比コ育エ
Blogス樊。懆牡縺ョ譌・縲
 縺皮嶌隲繝サ縺雁撫蜷医○
辟。譁吶ヲ繝シ繝ェ繝ウ繧ー
逋偵@繧ケ繧ソ繧ク繧「繝蜃コ螻
縺雁匡繧√ョ譖ク邀
蛻蜑イ謇輔>/蜃コ蠑オ
迚ケ蝠豕戊。ィ遉コ鄒ゥ蜍吩コ矩
繝励Λ繧、繝舌す繝シ繝昴Μ繧キ繝シ
莨夂、セ讎りヲ
 繝励Λ繝阪ち繝ェ繝シ繧「繝ッ繝シ
 
謳コ蟶ッ繧オ繧、繝医ッ縺薙■繧
邨梧ク育噪縺ォ荳榊ョ峨↑譁ケ縺ク
...ハーブ療法クラス 

ハーブや医療アロマテラピー、東洋医学の知恵を楽しみながら学びます。
終了後は日々の健康だけでなく、ハーブショップで働いたり、
認定教師として講座開催なども可能です




検定:ハーブ療法アドバイザー、東洋医学アドバイザー





********************************************************************

当講座では生理学、東洋医学、手作り化粧品、
心理にも触れ、ハーブそれぞれの効能を理解し、
そしてそれらをどのように選択して体に取り込むかを知り、
安全に使うためのガイドラインを包括的に
理解していただくことを目指しています。

風邪を引いた時にハーブの力で治りやすくしたり、傷が出来たときに自己治癒力や免疫に働きかけたり、素早く治りやすくするなどの方法を学び、セルフケアや家庭内でのケアに役立てることを講座の目的としています。

********************************************************************

当講座の特徴

(1)ハーブ療法や生理学、東洋医学についての知識を学べます
(2)オーガニックハーブが15〜18種類付属していますので
   習ってすぐに効果を試し、知識を身に着けて
   いただくことが出来ます
(3)通学、通信教育、両方がその時々で自由に選べます。
   各回につき1度、通学で学ぶことが出来ます。
   通学が無理な場合は通信で学び、別の開催日に、通学していない講座に
   無料で参加することもできます(第1回受講から2年以内)。
   ※よって、いつでもお申込み&実践が可能です。主婦の方も気軽に勉強できます!
   ※ 通信は、メールやFAXなどでご質問いただけます。
    理解確認プリントがございますのでそれを郵送かFAXで送っていただければ
    添削して返送いたしますので、理解できているかご確認いただけます。
(4)毎回ハーブティーをご自身で好きにブレンドしてお試しいただけます。
(5)講座修了書には、習った内容を明記したものを添付。
   ハーブショップなどへの就職に役立てられます。
(6)講座終了後に認定テストを受けていただくことで、ホリスティックハーブ療法協会
   認定講師の道がございます。初級から上級、東洋医学クラス、
   メディカルアロマについても習得していただいた知識をテキストに沿って
   講習していただけます。詳しくはお問い合わせください。




********************************************************************

古来より、人類は動物、植物、鉱物など、自然に存在している薬で人々は痛みを和らげ、疲れた体や心を癒し、体調を整え元気を取り戻し、傷を癒してきました。そして西洋医学が浸透した現在でも世界の70%の人がそうした自然療法に頼っていますし、最近では自然であること、天然素材での生活をすることを求める人が増えてきています。

自然との向き合い方と人間本来の優しいケアを多くの人が見直し、アロマテラピーやハーブティーを楽しむことで健康やリラックスを得ることに興味を持つ方々のために、当講座がお役にたてれば幸いです。



...ご参加について 

メールかご予約フォームからお申込みください
講座は、いつでも開始出来ます。
お申し込み後、10回分のテキストをお送りいたします。
通学講座は毎年1月、5月、9月に第1回を開催します。
それに合わせて講座を申し込まれてもいいですし、前もってテキストを取り寄せて読み進めていただき、その次の講座開講時に通学していただいてもいいですし、もし可能であれば途中参加でも結構です。
 

 クラス  日程  開催日数 
月1回 日曜日クラス  第2or第3日曜日10〜17時
 2013年1月13日開講
 5日(5か月)
週1回 平日クラス1  毎週月曜日午前中(祝日除く)
 2013年1月7日開講
10日(約3か月)
週1回 平日クラス2  毎週木曜日午前中
 2013年1月10日開講
10日(2か月半)
「この週だけ月→木に変更」することも、皆様の状況やご希望により
開始日や時間帯を変更することも可能
です。お気軽にご相談ください!

>>セッション・講習ご予約フォーム

恐れ入りますが、先払いのシステムを取らせていただいております。
講習の日程確定後、30%のお申込金をお支払ください。
開催7日前までに残金全額のお振込みをお願いいたします。
直前の場合はセッション時間までにお振込みください。



...基礎講座の内容 


可能な限り理解しやすく、日常に実践出来るように組み立てられたカリキュラムです。
テキストはオールカラー。
パンチ穴も開いておりますのでファイリングやメモの追加をしやすいです。
難しい知識も、皆さんが日常で活用できるように、解りやすくお伝えします。

実習:ハーブティーの淹れ方。ホットティー、水出し、煮出し剤
(通信:セットのハーブでご自宅でお願いします)
第1回:概論1 1.ハーブ療法講座の目的と概要
2.医療の歴史
3.合理的医療と統合医療、西洋医学薬とハーブ処方の違い
4.ハーブの品質管理と選び方
(1)ハーブの二命名法 (2)産地のチェック
(3)成分分析と官能試験
6.保管の仕方
7.安全性のチェック方法
各論:セントジョーンズワート、ラベンダー、ローズマリー
第2回:概論2 1. ハーブから期待できる様々な効能
2. ハーブの成分やエネルギーの産生
3. 代表的なフィトケミカルズ(植物化学成分)1
 アルカロイド類、フェノール類、ポリフェノール類、
 フラボノイド類、タンニン、苦味質、粘液質など
 生ハーブと乾燥ハーブの違い
各論:ジャーマンカモミール、エキナセアAng、ネトル
第3回:
植物油、浸出油、
チンキ
1. 水の大切さ
2. 植物性オイルの特性
3. ベースオイルの効能
4. 消毒の仕方
5. 浸出油&ティンクチャーの作り方
実習:エキナセアチンキ、セントジョーンズワートと
 マリーゴールドの浸出油(通信:材料をお送りします)
各論:カレンデュラ、パッションフラワー、ペパーミント
第4回:医療アロマ 1. メディカルアロマテラピーとは
2. 精油の抽出方法
3. 精油用時の安全性に関わる注意事項
   精油の安全な活用方法
4. 精油の選び方
5. よく使われる精油の説明
実習:精油ブレンド(通学のみ)
付録:メディカルアロマテラピーの手引き
第5回:芳香蒸留水
軟膏の製作
1.芳香蒸留水とは
2.芳香蒸留水の種類と体験
3.軟膏を作りましょう(第3回のオイルを使用)
4.粉末剤
5.家庭に用意しておきたい緑の薬箱
実習:軟膏作成(通信:材料をお送りします)
各論:ダンデライオン、ブラックコホシュ、ローズ
第6回:恒常性の
概要と自律神経
ストレス
1. ホメオスタシス概要(自律神経―免疫―内分泌)
2. ホメオスタシス(自律神経とは)
   概日リズム
3. 自律神経失調症とは
4. 自律神経やストレスに良い植物療法
5.アダプトゲン(ストレス適応素)
実習:自分に合うハーブを選んでみよう
(通信:付属ハーブでお願いします)
各論:ミルクシスル、レモングラス、.レモンバーム
第7回:恒常性2
免疫機構
1.免疫機構
2.ホメオスタシス(免疫系とは)
3.体のセキュリティ、白血球の働き
4.免疫、炎症反応
5.免疫賦活に良い植物療法
6.ハーブ症状別一覧1
実習:症状に合ったハーブティーを作ろう
(通信:付属のハーブでお願いします)
各論:ワームウッド、マジョラム、リコリス
第8回:恒常性3
内分泌、美容
1.内分泌(ホルモン)とは
  体内ホルモン、植物ホルモン、環境ホルモン
2.ホルモンの種類と分泌調節
3.女性特有のホルモン
4.フィトホルモンを含有するハーブ
  ハーブと精油の処方例
5.美容に良いハーブ
6.ハーブ療法による美容製剤(1)
  ローション、オイルローション、薬草風呂、温/冷湿布
実習:ローズのローション作成1
(通信:一部材料をお送りします)
各論:レッドクローバー、ホーソンベリー、タイム
第9回:
東洋医学概論
1.東洋医学とは
2.陰陽と五行
3.氣の虚実と相生/相克の法則
4.五行説から選ぶハーブ療法
実習:ローズのローション作成2
(通信:ご自身でご自宅で作成可能です)
各論:チェストツリー、バレリアン、ウィッチヘーゼル
第10回:まとめ 1.講座内容を日常にどう活かすか
2.一通り基礎習ってから改めて聞く重要事項再説明
3.全体的な質疑応答
4.ホリスティックハーブ療法アドバイザー
  資格試験の説明と試験対策
5.オーガニックコットンと糸で
  オリジナルティーバッグを作ろう!
6.修了パーティー(希望者のみ)
実習:温/冷湿布(通信:付属ハーブでお願いします)
各論:ラズベリーリーフ、シナモン、ローズヒップ
材料費、オーガニックハーブ15種類、テキスト代&協会登録料が含まれます

受講費(通学、通信教育共に)1回3時間x10回(各回1度ずつ通学可)
分割払い価格
  毎月 5,000円
x32回(支払金額:160,000円)
  毎月10,000円x14回+5,000円(支払金額:145,000円)
  毎月18,000円x 8回(支払金額:144,000円)

一括払い特価 140,000円+付属ハーブ5種類追加

完全個人レッスン(通学)
10回:180,000円(分割:1回ごとに18,000円)
マンツーマンでの受講です。日程はご自由に設定していただけます。

カード払い Paypal経由にてお受けしております。
 
修了について
全10回取得で修了証を発行します。
通学の場合:受講いただければ単位取得です。
通信の場合:通信で受けた授業は理解確認テストをお送りいたければ単位取得です。

初級認定試験
5月、11月
10,000円 会場:京都市、滋賀県
検定:ホリスティックハーブ療法アドバイザー

 


       

その他のホリスティックハーブ療法協会公式講座

ハーブ療法
上級
30時間140,000円(各種教材、認定書代込)
より高度なと処方と、誰かの健康相談に乗る流れを学びます。
1.植物化学成分とレシピの組み立て方
2.ハーブ療法コンサルティング
3.チンキやグリセリンのアルコール濃度
4.多くのレシピや処方の実践
5.ハーブ療法コンサルティング(適したハーブの提案)の実践
実習:ハーブトリートメント(蜂蜜トリートメント、ハップなど)、
  乳液やクリーム、美容液、蒸気吸入、ハーブ蜂蜜
ハーブ各論(30種)
セラピスト向け
解剖学/生理学 
30時間140,000円(各種教材、認定書代込)
心理セラピストやハーブセラピストが知っておきたい体の構造と
その仕組みについて学んでいきます。
また、心と体のつながりについてもお話いたします。
受講条件:どなたでもお受けいただけます
メディカル
アロマテラピー
30時間 140,000円(各種教材、認定書代込)
1.エッセンシャルオイルの性質
2.メディカルユースのエッセンシャルオイルの定義
 (品質、表示、分析表など)
3.精油の成分組成と作用特性(化学種18種)
4.精油の化学と薬理作用(約35種)
5.レシピのメカニズム(精油をどうブレンドするか)
6.メディカルアロマテラピーにおいての精油の使用方法
7.ブレンド実習(風邪、美容)
8.処方研究
9.テーマを決めて練香と香水作成
開催:3時間x8日もしくは6時間x4日
受講条件:どなたでもお受けいただけます
鍼灸師から学ぶ
東洋医学概論
36時間 169,000円
東洋医学概論
陰陽説、五行説
臓腑の病理、奇胆の腑
任脈/督脈/正経十二経、体&心理
重要な経穴と家庭内での東洋医学的家庭療法
受講条件:どなたでもお受けいただけます

上級認定試験
5月、11月
受験料
10,000円
条件:上級受講
会場:京都市、滋賀県
検定:ホリスティックハーブ療法上級セラピスト


認定講師登録

年2回:3月、9月
登録料
50,000円

再登録
20,000円
条件:講師認定試験に合格から1年以内
年会費: 10,000円+教える講座数x5000円
  初級のみ教える場合は15,000円
  上級、解剖学、東洋医学を教える場合は25,000円
  9月に合格された人はその年度のみ半額
一年:4月1日〜来年3月31日
各種フォローアップ込
※テキスト+登録料:生徒一人1講座あたり10,000円

簡単な電話もしくは対面による個別面接込
1.復習と更なる理解
2.講師に必要な知識
3.薬事法、医師法、その他法律について
4.ハーブ療法コンサルティングの実践
5.講座で伝える必要があること
6.ハーブの卸売も可
○△▽□